仕組み

サーマクールのたるみ治療の仕組みはずばり自己治癒力です。
皮膚に傷ができるとその傷を治そうと、そこだけ一時的に盛り上がることがあります。

最終的にその傷が治るとその盛り上がりはなくなり平らになりますが、これを応用したのがサーマクールなのです。

持続期間

肌にハリや弾力をもたらしているのがコラーゲン繊維です。
サーマクールで使う光は肌表面ではなく内部だけにダメージを与えます。
光で内部が傷付けられると、自己治癒力によって治そうとその部分の細胞分裂が活性化します。
それによって普段よりもその部分のコラーゲンなどが増えることで、
一時的に肌のハリや弾力がアップするという仕組みです。

すぐに終わる

傷が治った皮膚は平らになるように、肌内部の傷が治ると施術前の状態に戻ってしまいます。
つまり効果は永遠ではなくその時だけ、具体的には半年から1年と言われています。

効果を持続したいなら同じお金を払って1年に1回ほどは施術を受けることになることは理解しておくことです。

 

毛穴

効果的

施術方法

やけど

腫れ

Sitemap

まぶたの下

眉の下がり

大人の女性

リフトアップ

顎のたるみ

ヒアルロン酸

注入

仕組み

メカニズム

ケア


produce by たるみの治療をする美容皮膚科