年齢が顔に出てきたなら専門家に相談を

人間の体は、年齢を重ねるごとに変化がでてきます。顔のたるみも、そういった変化のうちの一つです。
自分でも肌のお手入れをしていても、顔のたるみが気になるようであれば、
drsato02.com/shiwa/に悩みを相談してみると良いでしょう。

drsato02.com/shiwa/では、顔のたるみを改善するための治療法を提案してくれます。
たるみ治療にはどんなものがあるのかというと、「フォトナ4D/6D ロボティックリフト」は
6種類のレーザーを照射することで肌の引き締めと再生を行えます。

若い肌を再生する

それぞれのレーザーは届く部分が違うので、効果もそれぞれ違います。
肌の浅い部分から深い部分まで改善していき、若い頃と同じように活力を取り戻せるので効果は強力です。

さらに、「フォトナ4D/6D ロボティックリフト」でネックとなるダウンタイムを短くした「フォトナ3D」や
6種類のレーザーのひとつであり口腔内照射ができる「スムースリフト」などがありますし、
定番のたるみ治療である「エンディメッドプロ」も人気です。

「エンディメッドプロ」は、高周波で真皮層を刺激して肌を若返らせリフトアップができる治療法です。
痛みを感じないので、誰でも気軽に受けられることが魅力です。

これらの中から一番自分の希望にあった治療法を選べば、理想的な結果が得られるでしょう。

若くても顔のたるみはでる

顔のたるみは、必ずしも年をとったときだけの問題ではありません。
例えば、人とあまり接触をしない仕事をしていたり、マスクをつけて生活をしていると
話す機会が減って表情筋が衰えてしまいます。

その結果として若いのに顔のたるみが出ることはよくあります。
そんなことを防ぐためには、表情筋を鍛えるトレーニングをやることが一番です。

鏡を前に、喜怒哀楽の表情をつくればそれだけでかなり効果があります。
ただ、そういったトレーニングだけでは不安だというならば、たるみ治療をしておくと良いでしょう。

レーザーや高周波を照射することで、肌を引き締めたり衰えてしまった
肌細胞の新陳代謝を行うことで、健康的な若い肌へと変わっていきます。

肌細胞の生まれ変わり

若いのに顔のたるみが目立っていると、人と話したり写真を撮るときに気になりますから
精神的なストレスを生み出します。

たるみ治療でそれを解消できれば、見た目が良くなるだけでなく気持ちも楽になるので積極的にやっておくべきです。
治療法によって、施術の回数・効果持続する期間・ダウンタイムなどが異なるので、
医師に相談をするときにはしっかりと説明をしてもらいましょう。

わからないことがあれば質問をして全てに納得できたら、最適な治療法を選べます。

 

毛穴

効果的

施術方法

やけど

腫れ

Sitemap

まぶたの下

眉の下がり

大人の女性

リフトアップ

顎のたるみ

ヒアルロン酸

注入

仕組み

メカニズム

ケア

エステ

ゴルゴ線

最新治療

姿勢を正す

表情筋の衰え

たるみじわを治療


produce by たるみの治療をする美容皮膚科