デスクワークが顔のたるみを招く

今やほとんどの事務仕事はパソコンで行うようになった現代では、
長時間のデスクワークは当たり前になっています。

その弊害として起こるのが顔のたるみです。一見すると関係がないことのように思えますが、
2つは密接につながっています。

というのも、デスクワークをしているときの姿勢が問題だからです。

姿勢の意識

椅子に座りながらパソコンのモニターを眺め、キーボードを打ったり
マウスを操作していると、気が付かないうちにモニターに表示されている情報をよく見ようと
顔が前に突き出てしまいます。

そうして前かがみの状態が長く続くと、背骨を支えるべき腹筋や背筋の衰えにより
余計に体が背骨が丸まり、いわゆる猫背という状態になります。

猫背になると、体に様々な不調がでてきます。

例えば肩・首・腰の痛みに便秘といったことです。顔が前に突き出されると、
首の後ろが縮み後頭部の周辺にある筋肉は後ろに引っ張られます。

ですが、パソコンのモニターを見なければいけませんから、頭はバランスを取ろうと
顎を前に突き出します。そのせいで頬から顎の周辺の筋肉は下に向かって引っ張られます。

これが顔のたるみをもたらします。

つまり、日頃の姿勢の悪さが顔のたるみの大きな原因になりうるということです。
顔のたるみをなんとかしたいと思ったら、まずは日常的に猫背で仕事をしていないかどうかを
確認して、姿勢を改善していく意識が必要です。

正しい姿勢を身につけることで顔のたるみを改善する

姿勢の悪さによって引き起こされた顔のたるみはどうすれば改善できるのかというと、
まずは正しい姿勢を身につけることが一番です。

そこで何をするべきかというと、強制的に背筋をまっすぐに伸ばしたいならば
猫背を矯正するベルトやコルセットをつけると良いでしょう。

道具の力で曲がっていた背骨がまっすぐに伸ばせるので誰でも試せます。
何かをするのに飽きっぽい人でも、装着するだけですから無理なく続けられて
それによって多少なりとも顔のたるみ改善の期待ができます。

たるみの引き上げ

努力をすることが嫌いではないならば、筋トレをして背骨を支える骨盤周辺の
筋肉などを鍛えると良いでしょう。最初は少ない回数でも良いので、
徐々に回数を増やしていけば無理なく鍛えられます。

特に効果的なのがスクワットなので、時間があるときには繰り返しやっておくべきです。
そのときに体を丸めたままスクワットをしていても効果は生まれません。
膝を曲げて中腰の姿勢になるときには背筋をまっすぐに伸ばすよう意識することが大切です。

あとは、モニターやキーボードの位置も見直したほうがいいです。
座っている姿勢に対してそれらのアイテムが下にあると、どうしても下向きになってしまいます。

モニターであれば台を設置して顔の高さに近づけるとか、キーボードを見ずに
入力ができるにしましょう。そうして姿勢が改善されていけば、
顔のたるみも消えて若々しさを取り戻せます。

 

 

 

毛穴

効果的

施術方法

やけど

腫れ

Sitemap

まぶたの下

眉の下がり

大人の女性

リフトアップ

顎のたるみ

ヒアルロン酸

注入

仕組み

メカニズム

ケア

エステ

ゴルゴ線

最新治療

姿勢を正す

表情筋の衰え

たるみじわを治療


produce by たるみの治療をする美容皮膚科